工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

電気柵の工事はお任せ!
2020年2月22日

電気柵の工事はお任せ!

電気柵の工事

電気柵は、軽い電気ショックで獣をおどろかし、進入を防止するための柵ですが、人が触れてもピリッとするだけで、人体に影響はありません

また、獣に関しても殺すわけではありませんのでピリッとする電気ショックを与え今後近づかないようにするための方法です。

獣の種類や設置する広さによって設置方法を変える必要がありますが、基本的には器具本体とアース棒、柵線、支柱、ガイシ、ゲートグリップそして、検電器があれば作業が可能です。

柵線を張る場所の除草作業を行い、再び草が伸び柵線に接触すれば漏電になりますので、注意をしてください。

電気柵の設置高さは、地面から20cmの高さが基本で、イノシシの場合は、地上20cmと40cmの2段張りでいいのですが、シカの場合は、背丈もありますので最低でも4段張りが必要です。

特殊な獣(アライグマ・ハクビシン・アナグマ)などの対策には、地上5cmから始め10cm間隔で4段程度必要となります。

電気柵は、電気設備の一種として、電気事業法関連の法令等により規制されていて、技術指針もうたわれています。

認められている設置場所は、田畑、牧場、その他これに類する場所において野獣の侵入又は家畜の脱出を防止するために施設する場合、絶縁性がないことを考慮し、感電又は火災のおそれがないように施設するとされています。

そして、設置してはならない箇所は、田畑・牧場等でない場所に施設すること、人間の侵入・脱出を防止するために設置するもの、100V電源をコンセント等からそのままつなぐなど感電・火災の危険がある構造のものと記されているのです。

家庭用等の電源を使用して取り付ける場合は、電気工事士などの資格が必要となります。

設置後電圧を検電器でチェックして、4000ボルト以上の電圧を複数個所で検査してください。

当店では電気関連の有資格者もそろえていますし、電気柵設置に関する経験も豊富です。

「電気柵の工事はお任せ!」を掲げるのは、自信の表れです。

ご連絡頂ければ直ちにお伺いし、状況等の確認を現場で行います。