工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

太陽光パネル 火山灰対策
2014年2月11日

太陽光パネル 火山灰対策
太陽光発電は、太陽の光エネルギーを利用した発電システムで、太陽光パネルでもあるソーラーパネルで電気エネルギーに変換する事で発電を可能にします。
パネルの表面はガラスであり、ここに太陽の光が照射されることで内部にある半導体が起電力を生み出し電気が発電されると言う仕組みになっています。
ガラスの表面は外部の気温よりも高めになることからも、降雪が在っても雪が太陽光パネルの表面に降り積もることは少なく、豪雪地帯でも雪が止み、パネルの表面の雪が無くなれば、発電を可能にしてくれます。
要は、ガラスの表面に太陽の光を遮るものが在ると、そこで発電が出来なくなると言う事でもあるのです。

鹿児島県には桜島と言う火山が有ります。
この火山が爆発する事で火山灰をまき散らし、発電にも影響を及ぼすことからも火山灰対策を行う必要があるのです。

対策を施すことで、鹿児島県でも十分太陽光発電を可能にしてくれると言う事でもあるのです。
また、太陽光パネルと言うものは、一度設置をすれば終わりという事ではありません。鹿児島県の桜島に近い地域では火山灰対策として定期的な清掃を必要としますが、他の地域でも定期的な清掃をすることでパネルの寿命は延びると言われているため、定期的なメンテナンスは、設置を行った太陽光パネルを長く使う事が出来るという事にも繋がるのです。

住宅の屋根と言うのは、常に太陽の光や紫外線、熱、雨、風などの自然の猛威に晒されている場所です。このような場所に接地されている太陽光パネルは何もせずにいれば、直ぐに駄目になります。
しかし、火山灰対策を含め、定期清掃やメンテナンスを行ってあげることで十分そのパワーを発揮し、効率よく発電を可能にしてくれるのです。

尚、住宅の屋根と言うのは、危険な場所でもあり専門業者に任せるのが安心です。
特に高齢者が住む住宅などの場合は、自らメンテナンスなどを行う事が出来ませんので、専門の業者にお願いするのが安心と言えるのです。