工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

外壁塗装

鹿児島県内の外壁塗装について

外壁塗装

当社では、さまざまな工事を引き受けています。特に力を入れている業務は、外壁塗装の作業です。あらゆるタイプの建物に対応しているのが大きな特徴です。
外壁塗装というのは、一般の人が作業をしようとするとなかなかスムーズに行うことができないものです。簡単なようで複雑な作業があったり、難しい部分が出てきたりするものなのです。
当社のように外壁塗装を得意としている業者に依頼することが、短期間で工事・作業を済ませるためのコツです。

外壁塗装

外壁塗装の作業を進めていく場合、建物の大きさ・規模を正確に把握する必要があります。なぜなら、規模よって作業の方法を変えていかなければならないからです。また言うまでもなく、規模が大きければ大きいほど、作業にかかる時間も長くなっていきます。作業のスケジュールを組むに当たって、建物の状況を知っておくことが、業者にとっても必要なことなのです。

依頼される前に、どのくらいの建物なのかを明確にしておいていただくようにお願いしています。また、どのような外壁にしていきたいのかを具体的に決めておいていただくと作業をスムーズに進めることが可能になります。
もちろん、当社の担当者と相談しながら外壁塗装の工事内容を詰めていく方法でも問題ありません。

外壁のデザインには様々なものがあるので、お客様の好みに応じて塗装を施していくことになります。内容によって費用も変わってきます。

外壁塗装お礼
外壁塗装 お礼

外壁塗装のご依頼について

・外壁塗装のご依頼は、お電話・FAX・メール・お問合せフォームより、お気軽にお問合せください。

・外壁塗装には、塗装する外壁の種類、塗装する材料により多種多様な方法があります。
お問合せの際、当方からご計画の内容を質問をさせていただきますのでご了承ください。

・塗装を希望される建物の外壁の種類(コンクリート、木、鉄、etc)、塗装の目的、規模、階数をお聞かせください。

・ご計画の詳しい内容が分からない場合が多々あります。当社担当者がお客様の元へ直接お伺いして、現場の調査、内容のお打ち合わせに基づいて適切な計画をご提案、アドバイスさせていただきます。

・お客様のお名前、ご住所、ご連絡先、塗装現場の場所、ご希望のお打ち合わせ日時、現場での立ち合い調査の希望日時をお聞かせ下さい。

・外壁塗装は、塗装する外壁下地の状態によりますが、ほとんどの場合下地処理が必要となります。新築以外、古い塗装をはがし、洗浄し、補修をして表面をきれいにしてから本来の塗装工事となります。
まずは、外壁の状態の調査が必要となります。事前調査でほぼ把握できますが、場合により塗装を除去しなければ正確な状況を把握できない場合があります。ご了承ください。

・調査が終わりましたら、ご計画の詳細をご提案、お見積りいたします。ご承諾いただいたら工事の準備に入ります。材料、機械、職人の手配が、必要となりますので、工事着手まで通常一週間前後時間がかかります。特にお急ぎの場合(台風シーズン前に完成させたいなど)は、お早目にお問合せ、ご相談ください。

雨戸塗装

外壁塗装の種類について

当店では各種外壁塗装を致しております。屋根の塗装も可能です!以下に主な外壁塗装の種を記載致します。

1・シリコン塗装
2・セラミック塗装
3・フッ素塗装
4・断熱塗装
5・超耐久塗装

外壁塗装対応地域

鹿児島県内の薩摩半島を中心(薩摩川内市(甑島は除く)・日置市・鹿児島市・姶良市・南さつま市・南九州市・枕崎市・指宿市)での外壁塗装を重点的に請け負っております。

請負例

鹿児島市

・事務所ビルの外壁塗装の吹き替えでした。鉄筋コンクリートの外壁ですが、コンクリートといえども打ちっぱなし仕上げ以外は、コンクリートの保護や防水の為の塗装が必要です。クラック処理して一部破損部分を斫り補修、清掃後プライマー処理して塗装しました。

・鉄塔の再塗装でした。古い塗装をはがし、ザビを落とし、清掃後防錆剤を塗り再塗装しました。

・工場外壁の塗装工事でした。鋼板の塗装が経年変化により薄くなり鋼板自体に影響が及ばないうちに洗浄再塗装しました。

・ご自宅の外壁塗装ですが、ハウスメーカーさんのお見積りが予算オーバーの為、弊社にご依頼いただきました。施主様から低価格で内容も満足ですとのお言葉をいただきました。

南さつま市

・屋根塗装と外壁塗装のご相談をホームページより頂きました。カラーシミュレーションを使い、お住まいのイメージチェンジのご提案を行いました。見た目だけでなくお住まいのメンテナンスもきちんと行いましたので、今後は安心してお過ごし頂けます。

薩摩川内市

・外壁塗装のお見積りをご依頼いただきました。詳しくお話を伺うと、強風時のみ雨漏りが発生するとのことです。また、その点検時に瓦屋根の漆喰の剥がれを発見しましたので、漆喰の詰め直し、雨漏り補修、外壁塗装工事をご提案致し工事をしました。

南九州市

・きっかけはホームページをご覧になってのお問い合わせでした。外壁塗装を検討されているというご相談から、ご自宅へ訪問させて頂きお住まいの点検を行いました。
点検においては外壁塗装の劣化やコーキングのひび割れが確認され、外壁塗装を行う時期にあることが確認できました。他にも軒天部や雨樋のほうにも塗装が必要と判断し、外壁塗装に合せてご提案させて頂きました。
工事の仕上げも大変ご満足いただけました。

外壁塗装

日置市

・近隣のお宅を施工していた際、職人に声をかけていただきご契約いただきました。診断をさせていただいた際に劣化が多く見られた為、仕様は遮熱防水を選びました。色は娘さんと奥様が決められましたが非常にいい色になりました。

姶良市

・ご自宅外壁の塗装でした。風雨の影響で一部木造の外壁を取り替えましたがほぼ再塗装で処理しました。

・閑静な住宅街の一角で、今回が初めてのお手入れの建物。建物全体的が黒ずんでいて、目地割れやボード割れが多数見受けられました。高圧洗浄と下地補修処理を念入りにおこない、屋根は遮熱塗料、外壁はシリコン樹脂塗料にて施工させていただきました。

枕崎市

・築30年以上の住宅で「痛みも気になるけど、とにかく全体を明るい雰囲気にしたい」と大きな和風造りの住宅を、洋風に塗り替えて欲しいとの強いご要望でした。「和風住宅を洋風に!」ご家族の強いご意向に沿った個性的な色バランスをご提案。屋根は遮熱塗料、外壁はフッ素塗料で施工させていただきました。

指宿市

・温泉宿の劣化した外壁塗膜を除去してクラック補修をした後、建物の保護と塗膜の密着性を高める為、全面ポリマー系セメントで処理しました。仕上げはシリコン樹脂弾性塗料を使って、ゆず肌模様に仕上げました。

・10年前に施工の個人病院。もっと明るく目立つ色への塗り替えを希望されていました。下地処理に手間をかけました。水洗い後に、2液性シーラー2回塗り、エコシリコン2回塗り、思った以上の仕上がりになりました。

お客様の体験談

お客様の体験談

外壁塗装の業者に何社か見積もりをとったのですが、自社の仕事ぶりに自信を感じた貴社に決めました。
価格も一番低価格だったというのも決め手でした。実際に施工してもらって、しっかりと洗浄を行ってくれて、とてもキレイになりました。
また、塗装も丁寧に塗ってくれているのが素人目でもわかり、家が生き返ったような気がしました。

当店が鹿児島での外壁塗装で選ばれる理由

弊社は、塗装のプロとして、実績を積んだ、教育の行き届いた自慢の職人が、施工を行い、担当と監督二重チェック体制で、品質の管理体制を強化しています。
また、地域に密着した活動と長く地域に存在し続けることで、多くのお客様に支えられ、今も活動することが出来ており、何よりもお客様に信頼していただいております。

外壁塗装をお断りさせて頂く事例

外壁塗装は外壁に塗料を塗ります。この塗り替えた塗料の乾燥時間が、外壁塗装の質を上げてくれる1つの大事な要素になっています。
しかし、梅雨の時期は雨が多く、真冬の時期気温の低下は、外壁塗装の質を上げてくれる大事な乾燥時間に影響を与え、この時期は工期に遅れが生じますので、外壁塗装工事をお断りする場合があります。

外壁塗装に掛かる日数

建築積算基準で考えるなら、一般的な外壁塗装で1日あたり100平方メートルの施工日数と言えます。
塗装工事については、そのグレードによって塗装回数が異なってくるでしょう。
下・中・上塗の3回工程のものもありますが、それぞれの層が乾燥するまでの養生期間を考慮する必要があります。
また、足場の解体撤去に掛かる日数も、計算に入れる必要が生じてくるでしょう。

外壁塗装の料金について

外壁塗装の料金について

塗装工事にはさまざまな種類の塗料が存在します。また、塗装厚さによってその耐用年数変わってくると言ってよいでしょう。
塗膜厚さが大きいほど、材料使用量も大きくなりますので、料金も高くなります。しかし、素人目には薄い塗装も見分けられないケースが多いようです。
施主としては、施工料金だけに捉われずに、材料がしっかりと塗られているかの確認が大切になります。

塗装工事料

*以下は工事作業の目安料金です。工事内容・日数により変動します。

外壁

(単位:円/㎡)

 スチールモルタルサイディングタイル調塗り分け
ポリウレタン樹脂1,200~1,5001,200~1,5001,200~1,500
シリコン樹脂系1,800~2,2001,800~2,2001,800~2,2003,000~3,800
フッ素樹脂系2,800~3,8002,800~3,8002,700~3,800
一般遮熱塗料2,000~2,5002,000~2,5002,000~2,500
高遮熱塗料ガイナ3,200~3,8003,200~3,8003,200~3,800
屋根

(単位:円/㎡)

 スチールカラーベストセメント瓦
ポリウレタン樹脂1,200~1,5001,200~1,5001,200~1,500
シリコン樹脂系1,800~2,2001,800~2,2001,800~2,200
フッ素樹脂系2,800~3,8002,800~3,8002,800~3,800
一般遮熱塗料2,000~2,5002,000~2,5002,000~2,500
高遮熱塗料ガイナ3,200~3,8003,200~3,8003,200~3,800
軒天井

(単位:円/㎡)

 ケイカル板
ポリウレタン樹脂1,000~1,300
シリコン樹脂系1,800~2,100
破風・鼻隠し

(単位:円/㎡)

 スチール
ポリウレタン樹脂500~700500~700
シリコン樹脂系600~800600~800
フッ素樹脂系1,200~1,500
防水加工工事
FRP防水
仕様価格特記事項
2PRY12,000円/㎡保証10年
ウレタン塗膜防水
仕様価格特記事項
脱気絶縁複合防水工法(X-1工法)9,500円/㎡保証10年
シーリング
仕様価格特記事項
増し打ち工法500~650円/m
増し打ち工法650~800円/m

外壁塗装のQ&A

Q.外壁がモルタルで2階建ての家ですが年数も経ち、かなりの箇所にクラック(ひび割れ)が発生していて、酷い箇所では壁自体が剥れ落ちている所もあります。壁面を補修して外壁塗装をしたいと思っていますが、素人でも作業は可能でしょうか。
A.モルタル塗りをされた経験をお持ちの方でしたら施工することは可能ですが、現在のモルタル壁部分で異常のある箇所を見極めにくいと思いますし、外壁の全てを補修し塗装するためには、家屋の周囲に足場を組む必要もありますから、業者に任せた方がいいと思います

傷んでいる箇所とその周辺で影響がありそうな場所までモルタル壁を剥し、下地が出るように防水シートを捲り再度新しい防水シートを張り付けます。その上にラスという金網を張ってモルタルを塗り硬化するまでそのままにしておきます。途中雨天がある場合は、ブルーシート等で雨に当てないようにもしておきます。

構造クラックが認められる箇所でも劣化具合を見極めながら影響があるところまで剥し同様の処置を施します。細かなヘアクラックの箇所は、隙間を少し広げるとともに補修箇所の汚れを十分に落とし、油分がある場合はそれも拭き取っておきます。

そして、充填剤をひび割れに塗りつけ、コテやヘラ等で押え伸ばしモルタル面と合うように平坦にしておきます。続いて塗装に入ります。塗料にも種類がありますのでどのようなものを使用するかは、施主様のご自由ですが、建物の築年数等も考慮の対象として考えられた方がいいと思います。

しかし、アクリルやウレタン系の塗料は殆ど使われなくなり、シリコン系以上のものを使われているのが現状です。当店といたしましては、伸縮性のある塗料を選択されることをお勧めします。

Q.外壁塗装に使用する塗装剤の種類と特徴を教えてください。
A.価格の安いものから順に並べると、アクリル系・ウレタン系・シリコン系・ラジカル制御形・フッ素系・光触媒系・無機系となります。ラジカル制御形に含まれるアクリル系塗料以外は、外壁塗装塗替え時には殆ど使用されていません。

また、アクリル系塗料の耐久性は5年程度です。ウレタン系塗料も、現在ではあまり使用されていません。耐久性は8年程度です。シリコン系ですが、正式にはアクリルシリコンといいます。アクリルにシリコンを混ぜることにより耐久性が向上し、12年程度あるといわれています。

しかし、シリコン材が粗悪な場合は、保証できるものではありませんので、良心的な業者選択が重要です。ラジカル制御形といわれる塗料は、ラジカルという言葉は、白色顔料が太陽光を吸収することにより発生する物質の名称で、塗膜の劣化原因となるものです。これをハルスという物質を入れることによって制御することができます。

まだ発売されて期間が浅いため、実証実験はできていませんが、各種公的研究機関でしけんを重ねた結果が公表されています。耐久性は12年以上は見込めますが、施工業者の良し悪しが出てくるかもしれません

フッ素系塗料は、合成樹脂に蛍石が使用されている塗料で、耐久性に優れています。特徴は、汚れが着きにくく汚れにくいことや酸性雨そして紫外線に対しても強いのが特徴といえます。その為、耐久性も15年以上と安定しています。光触媒系塗料は、2年前に製造中止となって、現在使われておりません。

最後に無機系塗料の件ですが、無機物だけでは塗料として使用できないため、合成樹脂に無機物を混ぜることにより、塗装剤として使用できるようになったものです。

耐久性は、20年以上といわれています。一般的によく使用されているのは、シリコン系およびフッ素系です。

Q.シリコンやウレタンの塗料よりフッ素塗料の方が耐久性が高く、コスパがいいとされていますが、本当でしようか?
A.シリコン系やウレタン系塗料に比べるとフッ素系塗料の材料費は高くつきますが、外壁塗装を行うには、足場組立解体作業や飛散防止及び防塵の為のシート設置撤去費用、そして部分的に悪い箇所の有無を調べ修理をすることもあります。

そして、施工前には必ず行わなくてはならないのが、高圧洗浄です。これは、古くなって剥れそうな塗料や不具合な箇所の残存物等を取り除き、次に施工する塗装が壁面に十分な付着がなされるようにしておきます。そして、外壁塗装は、手順通り下塗りに始まり中塗りを経て最終仕上げの上塗りを行います。

このような作業工程の中で必ず必要となるのは、塗装作業以外の様々な作業とこれに費やする人件費です。この費用は、同じ大きさの建物であれば全て同じ費用となるため、どのような塗料を使用しても必要となる経費です。

ここで考えなくてはならないのが塗料の耐久性となります。耐久性が5年の塗料と耐久性が15年の塗料では外壁が痛むまでの年数が約3倍となり、塗料費用が3倍必要となりますが、その他の費用は変わらないはずです。結果、塗料費以外の経費が3回分お送りしますかかることになりますから、結果は言うまでもありません。

コスパを考えられるのなら少しでも長持ちする塗装剤を選択された方が良いと思います。ただし、戸建て建物の築年数が耐用年数を過ぎていて、建替えをしなくてはならない時期が迫っている時は、現在の状態で家が何年持つかといった考え方との判断になります。家は、いずれしようできなくなるものです。

外壁塗装のことだけではなく家自体の耐用年数とも比較し検討することも必要です。

外壁塗装 リフォームに必須の外壁塗装について!

リフォームで奇麗になったという実感が沸くのは、やはり外壁のリニューアルです。

実際に古くなった外壁は、塗り替えることにより外壁自体を保護したり、壁内部の断熱材や柱の腐食を予防する効果があります。

外壁塗装をするタイミングとしては、モルタル壁の場合ですと、壁のひび割れが目立ち始めた時、サイディングボードの場合は、目地部のシーリング材が劣化している状態の時、トタン壁の場合は、取り付けている釘が緩んできたり、従前の塗装が剥げてきた場合、板張りの壁の場合は、板が腐食するのを防止するために目立ってきた時に行います。

モルタルやサイディングボードの塗装は、吹き付け塗装やローラー塗装が行われトタン張りの塗装は、刷毛で作業をする箇所がたくさんあります。

そして板壁は、ローラーと刷毛塗りの併用作業となることが多いです。

外壁塗装の施工実績

F様邸 サイディングボードの外壁塗装とサイディングボード破損個所の修復

目地部シーリングが劣化していると同時にサイディングボードを止めている釘が抜けかかっていました。

原因は、サイディングボードの反り返りとシーリングの劣化が重なったことによるものでした。

また、止めている釘も下地のジョイント部でしたので釘が効いていなかったのです。

釘を抜き、その近くで下地のある箇所に木ネジで固定し、古いシーリング材を取り除き改めてシーリングをやり直しました。

破損している箇所は、サイディングボードを少し大きめに切断し、代わりのサイディングボードを隙間のないように張りコーキング剤を埋めました。

修復完了後、高圧洗浄機で壁面全てを洗い、壁面乾燥後下塗り中塗り上塗りと、フッ素系の材料で塗装しました。

G様邸 木造モルタル2階建て家屋の外壁塗装

下屋根がある家屋で雨押え部から雨水が浸透していましたので、コーキングを行い内部に浸透しないよう処理をしました。

庇上部のモルタルにクラックがあり調べてみると、ヘアークラックでしたので同様の処理を行いました。

家屋の角に近い箇所で縦にくっきりとクラックがありましたので、調べてみると構造クラックであることが判明しましたので、内部に残っていたモルタル片その他を取り除き、コーキング剤で埋め壁面と平坦になるように仕上げました。

その他の箇所は、チョーキングがありましたので高圧洗浄機で入念に洗浄し、乾燥した後に手で触って確かめました。

チョーキングがあれば塗装剤の付着力が損なわれますので慎重に検査をし、弾性のある塗料で仕上げるため下地に微弾性フィラーを塗り、2層仕上げでシリコンテックスを塗りました。

外壁塗装で使用する道具について

塗装工事は大きく分けて刷毛・ローラー塗エアスプレー塗の2種類に分かれます。
エアスプレー塗は仕上がりは美しく施工速度も速いですが、費用対効果は低めと言ってよいでしょう。
刷毛・ローラー塗は仕上がりの美しさや施工速度よりも、耐用年数・費用対効果共に高さが期待できます。
使用する道具によって、耐用年数も変わってくるでしょう。

外壁塗装の塗料について

外壁塗装の塗料は、色を付ける顔料、塗料の主成分となり耐久性を決定する樹脂、防カビなど様々な機能を付与する添加剤、そしてそれらを溶かす溶剤で作られています。
飛躍的な化学の発展や消費者のニーズも多様化し、様々な種類があります。
それぞれの塗料のメリット、デメリットを理解して、状態に一番あったものを使用するようにしましょう。

外壁塗装の時期について

外壁の塗り替え時期は、一般的に築10年目ごろが目安といわれています。
しかし、同じ建物であっても、南側と北側では劣化の進み方が違いますし、風通しのよい場所や湿気のこもりやすい場所などの環境によっても異なってきます。
また、部位や素材ごとにも、塗り替え年数は異なりますので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。

DIYでの外壁塗装について

DIYでの外壁塗装について

お金が安く楽しいDIYですが、作業中の事故、技術の未熟さ、知識不足のために発生する塗りムラ、色のイメージ違いなど、素人ゆえの失敗があるのも事実です。
もし不具合があり、結局プロにお願いしたとすると、DIYでかかったお金プラス、塗料と工事のお金が追加でかかります。
不安があり自信がなかったら、最初からプロに頼むほうが現実的です。

外壁塗装とは?

塗装工事は、建設物や塗装された建材を外部の厳しい環境から守り、また強度を高め耐用年数を長くしたり、防水を施し腐れを防ぎ、また耐火性を高くしたり、外気の熱から屋内を守ったりと様々な目的で行う工事です。

塗り替えのタイミングや時期は、塗り替えの目的や塗料の特性を塗装業者にご相談された上で行うことが大切です。家屋や建物の外壁を守っているのが、外壁に塗装された塗料です。 天候・気温差・騒音・湿気などから直接外壁を守り、屋内や内部を守る大事な役割を果たしています。 塗り替えやメンテナスの目安は一般的には7~10年が目安となります。 外壁の気になる部分や異変・異常がある場合は一度ご相談下さい。
細かな塗装箇所(窓周り等)の仕上がりを、きっちりとする事により、資産価値の維持が出来ます。いかにも「塗装した」という感じにはなりませんので。

パイプ塗装