工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

医療・福祉工事

医療・福祉工事

医療・福祉工事

医療・福祉工事では事前調査とシミュレーションを徹底します!

医療 福祉工事 事前調査 シミュレーション

地域に病院やクリニックや、介護施設を新設・改築する場合は、事前に十分な地域のニーズ調査やシミュレーションを行うことが肝心です。
その医療所や介護センターが担当するエリアの人口分布から医療ニーズ、介護の度合いを過去から現在に渡って分析し、事業収支を踏まえたシミュレーションを徹底します。

また地域の競合施設の状況や、確保できる医師・看護師・介護士のことも踏まえて施設の規模や内容をプランする必要があります。
そうして割り出されたデータをもとに考案された事業プランをもって、病院・医療施設の建設を決定することが事業成功のカギとなるでしょう。
最近になって鹿児島では、医療機関が介護事業を行うケースが増えていますが、その場合も事前の徹底リサーチは重要となります。

弊社では、このプラン造りから協力させていただくことが可能です。
専門のアドバイザーやコンサルタント、医療・福祉施設の設計に長けた建築設計事務所などをご紹介する準備があります。

建設工事にあたって

工事着工にあたりましては、近隣の方々への事前説明を丁寧に行い、工事によってご迷惑のないように丁寧に準備します。
なお、病院や介護施設に使用する建材の選定も厳重に行います。
病院や介護施設の工事では、特に健康被害やストレスにつながる建材を避けるように細心の注意を必要とします。
塗料や接着剤には健康被害につながる成分が含まれている場合がありますので、十分に配慮するように心がけるのが一般的です。
もちろんアスベストなどの毒性のある建材・塗料の使用は自粛するのが工事担当の業者の務めではありますが、発注側からも建築業者へ厳しく申し入れておくと安心できるでしょう。

最近では木材の利用が見直されていて、天然木を中心とした「木質パネル接着工法」といったハウスシックを回避する工法を採用する施設が増えています。
この工法は耐震性にも優れていて、地震の心配がある地域でのニーズが高まっています。

また病院や介護施設では、しっかりと戸締りをすることで外気の影響を完全に遮断できる造りになっていて、一方で自然光や風通しに優れた設計が施されています。
空調や温度・湿度を含む衛生管理が的確に実施できることや、騒音や振動の予防に優れていることも重要です。
これらの機能をしっかりと整えることで、施設運営における消費エネルギーを最小限に抑えることが可能な熱交換型・全館換気型の施設となります。

なお、医療や介護がスムーズに進行できるための動線が確保された施設レイアウトも求められますし、利用なさる方々の安心・安全を確保する設計も優先されなければなりません。
限られたスペースの中でいかに効率的にバリアフリーを工夫するか、同時に居住性や利便性を高めることができるのかが大きなテーマとなります。
これらのポイントをトータルで具現化できる建築会社を選ぶのも、医療・福祉工事を成功させるカギとなります。
もちろん改装工事であっても、その点を十分に考慮した施行がなされるべきでしょう。

医療・福祉工事の具体的なポイント

医療・福祉工事の具体的なポイント

医療・福祉の施設では、やはり外観のデザインが優れていることが肝心です。
基本的にはシンプルでモダンな外観と、周囲の環境になじむ洗練されたデザイン、駐車場や玄関は人が安全に歩ける動線の確保を考慮します。
玄関は院内が見通せる透明な自動ドアが好まれますし、バリアフリーの通路には握りやすい木製の手すりや点字ブロックも備えるようにします。
エントランスや廊下や中庭などは広々と解放感があり、自然光がしっかりと注ぎ込む設計にして、清潔感のあるインテリアを基調にすると利用者の方々の精神的なメリットが出てきます。

トイレや浴室、食堂、娯楽室などの共有スペースの出入り口も大きいサイズにして、余裕を持って車いすが出入りできるようにします。
またストレッチャーの搬入・搬出の動線も意図的に確保する必要があります。
特にエレベーターのサイズは十分な考慮が必要でしょう。
もちろん院内・介護施設内には段差を極力なくすようにして、床材も滑り難い建材を使うなどの工夫も必要です。

また、火災報知機やスプリンクラーの設置、強制排気のシステムや燃えにくい建材の使用など、災害対策や安全確保の施工を随所に施すことも肝心でしょう。
このように医療・福祉工事はコスト高になる傾向がありますので、いかに限られた予算で充実させるかがポイントとなります。

弊社の医療・福祉工事について

弊社の医療・福祉工事

弊社では長年培いましたノウハウと技術、そして建材提供の業者や実績の高い建築設計事務所などとの連携がありますので、ご依頼者の要望を最大限に活かした医療・福祉工事をご提供することが可能です。

事前に十分な打ち合わせをして、有益な建築プランをご提供させていただきます。
ご依頼者の納得をもって工事に入らせていただくことは言うまでもありません。

なお、工事着工からお引き渡しまで、責任をもってプロの職人が現場を一貫担当させていただきますし、その後のアフターケアもご用意いたしております。
医療・福祉工事の必要な方は、お気軽に弊社窓口へお問い合わせください。