工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

修繕・設備交換

修繕・設備交換

修繕・設備交換

修繕・設備交換のご依頼方法

施設やオフィス・工場からご家庭の設備の修繕・交換工事がありましたら、お気軽に弊社へお問合せください。
8:00-21:00であれば電話から、お問い合わせフォームなら365日24時間対応しております。

修繕・設備交換のQ&A

Q:築15年の7階建て賃貸マンションなんですが、外観がちょっと古ぼけてしまって、それに雨漏りも気になっていますが、どんな感じで修繕するといいでしょうか?

A:まず、外壁塗装の劣化があるようですから、屋上から外壁の窓枠、ひさしなどの防水工事・シーリング工事を施すといいかもしれません。
築15年ということで、部分的に亀裂が生じて躯体や屋内に浸水している可能性がありますので、水漏れ部分の修復から始めてみてください。

そのうえで、予算に応じて外壁塗装をしなおすとマンションの寿命が延びますし、居住性や見栄えが良くなって集客力アップにつながるでしょう。

Q:20年前に立てた注文住宅の水回りの交換工事をする場合、どんな点に注意したらいいですか?

A:まず、水回りの設備は下地の状態をしっかり確認することが肝心です。
下地材がしっかりしていれば、キッチンシステムやバスタブの交換はスムーズに行えます。
しかし基礎部分である躯体が傾いていたり、床の水平がしっかり取れていなければ、先にその部分を補修してから交換工事に入ります。

また、給水・排水の設備の確認も重要で、水の流れに滞りがないかを確認します。
同時に換気の状態もチェックしてください。
それぞれ問題があれば、改修してから交換工事をするようにしてください。

お客様の体験談

マイホームのエアコンの効きが悪くなり、室外機から変な音や振動が出ていましたので、思い切って最新のセントラルエアコンと交換してもらいました。
天井埋め込み型にしたので部屋が広々しましたし、室温・湿度の調整がクイックリーになったと思います。