工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

リフォーム

鹿児島県内のリフォームについて

鹿児島県内のリフォームについて

当社では鹿児島でリフォームを行っています。

リフォームの流れ

リフォームの流れ

リフォームの流れをスムーズにする為には、リフォームのプランニングをたて、大まかなスケジュール表を作っておくことが必要です。

家屋の一部を解体し増築や改築をする場合は、目視できない箇所の改善も必要になることがあります。特に水周りの全面改修になると、費用も大きく膨らみますから、プランニングの段階で多めの予算を準備することが必要です。

解体工事が始まれば、リフォーム業者を選定して、内装材や設備についてリフォーム業者と相談を始めます。クロスなどもサンプルを見て早めに決めておいた方が無難です。

設備機器類は、サイズによって治まり具合の問題がありますから入念な打ち合わせをして下さい。中古住宅を購入してリフォームされる時は、不動産業者が仮住いの手配までしてくれますので、これを上手く利用して経費の節減が可能になります。

完工し、お引き渡しの際には、書類の引き渡し・アフターフォローなどの説明をさせていただきます。

リフォームお礼
リフォーム お礼

リフォームお礼

リフォームのご依頼方法

新築の設計・施工のノウハウを生かして増改築から内装工事まで、総合的に行っています。

確かな技術と実績を備えたスタッフが、取り扱う設備機器や建材についての知識を生かしてリフォームを行いますので、生活スタイルに合わせたプランや収納スペースのプラン、床・壁・天井材や作り付け家具、収納などインテリアを中心としたリフォームなど独自の提案が期待いただけます。

お問合せフォーム・お電話・メール・FAXからお気軽にお問合せ下さい。

当店のリフォームの見積・請求書のサンプル
リフォーム 請求書

リフォームの見積

リフォームの見積

当店のリフォーム施工図面例
当店のリフォーム施工図面例

当店の職人からの一件家の駐車場拡幅及び新設工事のご提案

駐車場 工事
皆さん、駐車場が狭い、もう一台入れたい、新しく作りたいと思っている方が、多いと思います。
昔と違って、一家族今は2台以上保有していると思います。
新築であれば、2台分の駐車場を確保していると思いますが、中古の家であればおそらく一台分しかないと思います。
そのような時、2台入れられるように、工事しなくてはなりません。
まず現場を見て判断しますが、宅地との高低差、空いた土地、ブロック、庭木、フェンスなどがあると思います。
工事自体は、堀車庫を作らない以上、金額的に安価で工事はできると思います。
また車庫について、考えておられる方は、連絡してもらえれば、無料で見積、アドバイスをさしていただ きます。

リフォーム工事の様子

【リフォーム:駐車場拡張工事】

施工前:花壇部分を撤去予定

施工前:花壇部分を撤去予定

重機にて撤去作業

重機にて撤去作業

撤去後、周囲と溶け込むように整備

撤去後、周囲と溶け込むように整備

正面から

正面から

【リフォームの際のコンクリート工事】
リフォーム コンクリート工事

【リフォーム前の古民家+解体工事作業の様子】
リフォーム前の古民家リフォーム前の古民家リフォーム前の古民家リフォーム前の古民家

解体工事作業の様子

【駐車場リフォーム工事】
駐車場 リフォーム工事 1駐車場 リフォーム工事 2駐車場 リフォーム工事 3

【介護リフォームにて浴室に非常呼び出しボタン設置。】
浴室に非常呼び出しボタン

【クロス(壁)の部分補修前】
クロス(壁)の部分補修前

【工事をする職人の車内】
工事をする職人の車内

【職人必殺工具箱内】
職人必殺工具箱内

お客様の体験談

リフォーム お客様の体験談

台所周りの痛みが激しく、修理するなら大掛かりな仕事になってしまうので、交換した方が良いとのことから、キッチン周り、換気扇、キッチン上棚、シンクと下棚を一式システムキッチンへリフォームしました。

システムキッチンは全てのサイズは決まっていますが、家のサイズは床から天井までの高さなど、各家庭で異なります。

細かいところは、職人さんに要望を聞いていただき、こちらの生活にフィットするように施行していただきました。

リフォームのQ&A

Q.雨漏りがしますので、車庫・屋根だけを壊して、壁のコンクリートを壊さないで、外に階段をつけてウッドデッキを作成してもらい、洗濯物干しをつけてもらいたいのですが可能でしょうか??
A.はい。当店ではあらゆるリフォームの見積依頼に対応しておりますのでおまかせ下さいませ!
Q.他社のリフォーム見積もりが、あまりにも高額でしたので、見積お願いしたいのですが可能でしょうか?
A.相見積もり可能です。
Q.浄化槽〜下水への切替工事のリフォームを頼みたいのですが・・梅雨が上がった後に頼む事は可能でしょうか?
A.はい。梅雨明けに見積もり依頼お待ちしております。
Q.自宅の庭の芝生を綺麗に剥がしてもらって、花壇を作成してもらいたいのですが、可能でしょうか?
A.はい。おまかせ下さいませ。
新築で建っている南側に、あらいだしでテラスを作るか?ウッドデッキを作るか?悩んでいます。相談にのってもらえますでしょうか?
はい。お任せ下さいませ。
Q.鹿児島市に住んでいる両親が高齢となり、今住んでいる家の室内の段差が気になるようで改修をしたいらしいのです。これ以外にもバリアフリー化した方がいいと思われる箇所がいくつかあると思うのですが、どのような手順で進めればよいのですか?ちなみに父親は要介護認定を受けています。
A.一度ご自宅を訪問させていただいて段差のある箇所をチェックさせていただきたいと思います。この時、介護支援専門員(ケアマネジャー)に来てもらい両親以外の何方かが立ち会っていただけると大変助かります

そして、改修を希望される箇所を箇条書きにして想定される費用を算出し、予め3社以上の見積もりを取った上で決定した業者の作成した所定の見積書(介護支援専門員の作成した計画書と合致)とその他必要書類を添えて、鹿児島市に介護保険居宅介護(介護予防)住宅改修費支給申請をするのです。

申請すれば20万円を限度とする改修費用が支給されるようになります。この場合、償還払い方式と受領委任払という方法の2種類があり、償還払いは、本人の一時立替払いとなり、受領委任払いにすれば改修業者が直接市役所(改修業者は誓約書の提出が必要)から受け取ることも可能です。

着工前には必ず介護支援専門員(ケアマネジャー)にも連絡をしておいてください。改修費用の自己負担額については「介護保険負担割合証」を元に算出されますので確認しておくことが必要です。

介護保険負担割合が少なければ自己負担額が少額で済みますので知っておくことが大切です。

工事完成後にも種々の書類を添付しなくてはなりませんが、1連の流れを全て網羅して書くのは大変ですから、後日お会いした時にでも書面で記しお渡ししたいと思います。

Q.古い戸建ての家ですが、リフォームをして古民家風の店に改造したいと考えております。そこで、部屋間の間仕切りを撤去して解放感を持たせたいのですが、どのようにリフォームしてよいか分かりません。現在、家の間取りは南東角に玄関があり、その奥に3畳の部屋です。その他南面の表側は一本の長い廊下となっていてその内側には、6畳の間が3部屋と南西側の部屋には床の間があます。南面の表は広い庭となっていて畑と柿木が植わっています。北側の部屋も8畳の部屋間が2部屋あり北東側の一角は台所と居間があります。
A.長々と書いていただきありがとうございます。おおよその検討は尽きますが、撤去できそうな柱はあまりないようです。


改修が可能な壁面はありそうですが、耐震上残す必要のある壁もありますから、一旦壁を全て取り壊し、新たに丈夫な壁を部分的に造り替えて壁の数を減らすことを考えてください。壁はすべて同じ方向に向けるのではなく、南北向きの壁があれば東西向きの壁を設置し強度を持たせることが必要です。

また、強度不足と思われる箇所があれば、外壁を取り壊し新たに強度のある壁を造ることも必要だと思います。そして南面廊下との境にある柱と壁の上部を撤去し、耐震用の金具や筋交いなどを取り付けてください。

次に床下の状況を見る必要があります。柱の基礎と接触している箇所が腐食していないか確認をし、腐食している柱があれば下の方を所定の方法で切り取り、新材で補修します。続いて天井板をあけて電気の配線等に問題がないか確認するとともに筋交いなどを入れて耐震補強をします。

大体このような要領ですが、実際の建物を見ない限り分かりませんので、凡その検討事項として考えておいていただいて、実際の現場で施主様が思われている通りになるか否かの判断をする必要があります。

当店では古材も扱っておりますので雰囲気を壊すことなく改修工事を行えると思います。

Q.中古住宅を購入したのですが、購入してから家が傾いていることに気が付きました。どのような改修方法がありますか?
A.一つ目は家を持ち上げて改修する方法で、二つ目は各々の部屋の中だけで高さを調節する方法があります。二つ目の方法はあまりお勧めできませんが、費用面では安くなると思います。

一つ目の方法ですが、建物の外周を見て周り基礎部にクラックの有無を確認します。クラックがあればその箇所付近の柱基礎高をレベリングして他の箇所との高さが比較できるようにします。もしクラックが見つかった箇所付近に水回りの設備が存在するかを確認し、水回りがあれば下水管や雨水排水管が逆勾配になっていないか確認をすることも必要です。

続いて、家の1階部分の柱が沈下していないかの確認も行います。これらすべての高さが水平をなすための高さに合致するようにミリ単位で数値化しジャッキアップを行う高さを検討するのです。揚げる高さが決定すれば各柱の近くにジャッキを設置し、少しづつ持ち上げていきます。この時、1ヶ所だけが持ち上がらないよう各ジャッキを調整していきます。

家全体の柱が所定の高さになればぜんたいを少し余分に持ち上げ、ジャッキを固定して沈下している箇所の基礎を取り壊し基礎面の下に砕石等を入れて転圧しますが、これが困難な場合は、コンクリートに鉄筋を配したベースを厚さ20㎝程度で打設し、十分に固まればその上に基礎を所定の高さで造ります。

最後にジャッキを緩めて所定の状態となっているか確認してください。一番注意をすることは、外壁やその他の箇所に影響が出ないように徐々に持ち上げるということです。柱や梁に隙間ができていないか確認を行い、問題がなければ家屋のジャッキアップは完了です。

続いて地中にある排水管やガス管等がずれて外れていないか入念に検査し、ガスについては専門の業者に点検を依頼します。このように改修することが家を長持ちさせる方法で最善の改修方法です。

リフォームの施工実績

鹿児島市内、50代のご夫婦の方からのリフォームのご依頼。

キッチン取替えに伴い柱・壁を撤去し、広くなりました。床はCFシートを撤去し、フロアタイルを張りました。扉の色を明るくしたため非常に明るい空間となりました。 和室を洋室に変更し、柱・壁を撤去しました。畳を撤去しフロアタイルを張り、広縁側は間仕切壁を造り、引戸を新調しました。 段差も無くなり、転倒の心配なく移動できるようになりました。 洗面台をシャンプードレッサーに、洗濯機水栓交換、洗濯機パン設置しました。
リフォーム:駐車場舗装工事
駐車場 砕石入れ リフォーム 駐車場完成
リフォーム駐車場:庭伐採
リフォーム駐車場:庭伐採1 リフォーム駐車場:庭伐採2 リフォーム駐車場:庭伐採3 リフォーム駐車場:庭伐採4 リフォーム駐車場:庭伐採5

リフォームのご依頼実績

その1
フェンス工事を検討中です。
既存のブロックに穴をあけて設置したいです。
・直線5メートル+コーナー部分+直線1.2メートル
・直線2.5メートル+コーナー部分+1.2メートル
の二カ所にリクシルのアルメッシュ 高さ800で見積もりをお願い致します。
その2
玄関〜駐車場の通路に車椅子が通れる様にバリアフリー工事をお願いします。
その3
病院の3つのフロア+浴室のかさ上げ工事をお願いします。
その4
新築外構・防犯砂利・目隠しフェンス・外周フェンス・雑草対策をお願いしたいです。詳細は・・
土地20m×20m
北側の駐車スペース(6m×10m)に砂利を撒きたい。それに伴い入口に砂利止めコンクリート。(1m×6m)。
建物の西側+車庫に防犯砂利。
土地の南側(約3〜4m分に目隠しフェンス。西側の約15mに侵入防止のフェンス。

耐震工事、シェルター工事もお任せ下さい!

地震による被害者のほとんどは建物の倒壊によるものです。

自宅が基準通りの耐震強度を備えていて、シェルター構造があれば、避難場所として使えますし、被害はほぼ防ぐことができます。耐震シェルターは、一番身近な住まいを避難場所に考え、ご自宅の一部屋だけに特殊な鉄鋼を組み込むだけで、まるで巨大な大黒柱が出来上がり、家全体の強度を大幅に向上させます。

ご自宅の一部屋に設置するだけで、家全体の耐震強度大幅にアップします。

弊社では、信頼と実績で的確な耐震リフォームの方法をご提案し、安全で安心な住宅をご提供いたします。

水回りリフォームはお任せ下さい!

リフォームの中でも水回りリフォームが結構高くつきます。特にシステムキッチンにされる場合とか、バスルームもタイル張りの古いタイプのものをユニットバスに取換え、バスルームのサイズが合わないときには、壁を取壊しサイズを合わさなければなりません。
トイレリフォームは、トイレそのものを取り換えなければ左程高くはつきませんが、トイレ以外の水周りの処理等で余分なお金が必要となります。
将来バリアフリーにしたいとお考えの方は、思い切って同時に施工して貰う方が安くつきます。

内装・お部屋リフォームはお任せ下さい!

お部屋リフォームは、入り口の扉変更(片引き戸・開き戸)やバリアフリー等とフローリングの張替え、壁紙や天井の張替え等が主で、偶にクローゼット内の空きスペースを利用して棚を希望される方もおられます。
廊下の場合もリフォームによって段差が生じてしまうこともありますので、部屋及びろーかを一体のものとして考えることが大切です。
そして、戸建て住宅とマンションとでは構造が異なりますし撤去できない柱や梁もありますので、注意してください。

外装・外回りリフォームはお任せ下さい!

外装・外回りで気になる箇所があれば、ご自身の目で確認することが大切ですが、非常に見難い箇所や少し外してみないとわからないような箇所は、業者に依頼をして確認してもらってください。
外壁がモルタルの場合は、内部の防水シートが破れてその中の木材が腐食していないかを確認した後、モルタルの塗替えを少し広めの範囲で行います。
サイディングの場合も同様に内部の防水材や木材が影響ないかを確認し張替えを行ったり、カバー工法などで補修します。
大切なのはサイディングのジョイント部分で、コーキング剤の充填を入念に行ってください。
外壁のリフォームは、やはりプロである私共に早い時期にご連絡ください。

建物のリフォームはお任せ下さい!

建物のリフォームは、建物内部の表面的な傷み具合を見るのではなく、建物の外壁面、軒裏、基礎周りそして、床や壁、天井などの柱や基本的な部材に問題がないか否かをチェックすることから始めます。
そして、劣化や不具合の箇所を探し出し、部材そのものの取り換えが必要か補修のみで大丈夫かなどの検討を重ね、建物全体の耐用年数を伸ばしていくことが大切です。
当店では、専任の家屋診断者が建物全体を隅々まで点検し、写真撮影と報告書を作成いたしております。
建物リフォームの時は当店にお電話くださいませ。鹿児島市内以外でも直ぐにお伺いいたします。

歯科リフォームはお任せ下さい!

歯科医院を休診して大幅な改修工事を行う場合は、施主である歯科医師と基本的なプランを作り、施主の希望と意見を尊重したうえで図面作成にかかるのです。
計画図ができた段階で保健所と事前協議を行い、内容的に保険設備の配置がよくない場合などの検討をしておくと、完成再開業時に問題が発生しないと思います。
また、エックス線撮影室を改修された場合は、天井と床が200mm以上の厚さで鉄筋コンクリートが施されていることや鉛合板2.0mmPbで壁面や出入り口が遮断されていなければなりません。
その他様々な届出義務が発生しますので、歯科リフォームの際は当店にお任せください。

外国人向けのお家は当店にお任せ下さい!

中国系の人が住んでいますので、生活様式は変わりません。
ですから、食事にしても食材を購入してきて、自宅で調理をすることはなく、3食すべて外食というのがスタイルです。
また、風呂に入る習慣がなく、シャワーで体を流す程度です。
これらを踏まえて家屋の改修工事を行うとすれば、「台所不要」、「浴槽不要」などが考えられますので、床をすべてフローリングに変え、防水処理をしておくことが必要です。
「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」の家は、永住権のある方達の家屋改修の場合は入念な打ち合わせが必要で、就労ビザで来られる方専用の住居の場合は、先で述べた事柄を考え改修すると問題がありません。

シロアリ駆除も致します!

九州方面では、イエシロアリとヤマトシロアリが生息していますが、イエシロアリの方が群れになっている頭数が多く凶暴ですから、見つけたらすぐに当店に電話をして駆除依頼をお願いします。
シロアリは、木を食べて生活していますので、木の中に巣は作っていません。
土間コンクリートや風呂のタイル下、その他コンクリートの下から通路を造り食事に出かけているのです。
シロアリを絶滅させるには、巣に対してはベイト工法(餌を食べさせて殺す方式)を用います。
噴霧器で捲くのは専用の薬剤ですが、池や井戸が近くにある場合は、噴霧は止めて粒状の薬剤を筋掘りした地面に撒き、土と混合しておきます。
また、土間コンクリートや風呂場のタイル下等には削孔を行い内部にシロアリ駆除の薬剤を加圧注入しておけば大丈夫です。
これらの作業はプロでなければ難しいと思いますので、とりあえず当方にご連絡をください。

浴槽入替工事もお任せ!

埋め込みタイプの浴槽入替は、ユニットバス交換のようなわけにはいきません。
床のタイルを壊し古い浴槽を取り外した後、浴槽の基礎部に問題がないかを確認します。
その後、新浴槽を取り付けるのですが、旧サイズと異なる場合、基礎位置の修正をしておきます。
あとは、タイルの張替えですが、タイル仕様の箇所はすべてやり直した方が良いと思います。
壁は床から最低でも1.2mの高さまで施工するのが望ましいですから、これらを踏まえたうえで水漏れしないように防水モルタルをタイル下に施します。
また、壁のタイルより上は、モルタルを補修した後塗装仕上げで行えば防水も完全です。
一番気を付けなくてはならない箇所は、外壁面となる箇所で、取壊し時にクラックが入っているかもしれませんので、その補修をすることを忘れないでください。

バスカベ抗菌リフォームもお任せ!

バスの壁は、壁面隅部やタイル目地部にカビや菌が発生します。
これを喰い止めるには、浴室改修時に抗菌剤や防カビ剤で壁面全体を保護することです。
下地の除菌には防カビ材入りエタノール除菌材で処理し、壁面全体に塗布するのは、防カビ・抗菌水性エマルジョン等の処理が必要となります。
また、タイル目地等には、シラン系モノマー撥水材が有効的です。
このように抗菌・防カビに対しては、使用する場所や塗布する材質によって様々なものがあります。
抗菌は、一般的に「菌の増殖を抑制、あるいは阻害する」のが目的であり、菌を死滅させるといった効果をいうものではありませんので、抗菌処理がなされていない箇所が1箇所でも残っていれば、そこから菌が増殖することになるのです。
抗菌や防カビに悩んでおられる場合は、是非当店にご連絡ください

介護リフォームを強化中!

高齢になっても楽に暮らせる生活環境を造るために介護保険で身の回りの環境改善をしませんか?高齢になると筋力が衰え、立ち上がるのにも支障が出てきます。
しかし、筋肉を鍛えておくことは一生涯の宝物です。
ですから補助具(手すり等)に頼ることなく生活ができるようにすることも非常に大切なこととなります。
しかし、更に高齢になると、やはり補助具(手すり等)が必要となってきますので、こうなる前に環境の改善を図ることが必要です。
この介護保険を利用できるのは、要支援1~要介護5までの方で「介護保険被保険者証」に記載されている住所の住宅のみとなります。
リフォームをされる場合は、着手前に必ず介護支援専門員に相談してください。
リフォーム費用の上限額は、20万円でその内1割が本人負担となります。
工事の相談は、是非当店まで!

リフォームの費用について

リフォームの費用については、大規模なリフォームや中古住宅を購入してリフォームされる場合は、住宅ローン減税を利用して10年間の所得控除を受けることをお勧めします。これ以外の比較的軽微なリフォームの場合は、省エネ、バリアフリーなどの減税制度を利用することです。

水回り
場所内容金額
キッチン・システムキッチンへ変更
・アイランドキッチンへ変更
70万~120万円
トイレ増設30万~120万円
バス・浴室高機能ユニットバスへリフォーム80万~130万円
全体リフォーム
場所内容金額
家(戸建て)古い戸建てをリフォーム300万円~
バリアフリー(戸建て)古い戸建てをバリアフリー仕様に50万~200万円
中古物件中古マンションをリフォーム100万~1200万円
各部屋個別
場所内容金額
リビングLDKにリフォーム18万~180万円
和室室内縁側(板張り)工事50万~80万円
収納ウオークインクローゼット工事10万~80万円

>>内装リフォーム
>>トイレ内装リフォーム
>>マンション内装リフォーム
>>玄関内装リフォーム
>>アパート内装リフォーム
>>プレハブ内装リフォーム
>>店舗内装リフォーム
>>ログハウス内装リフォーム
>>一軒家内装リフォーム
>>エレベーター内装リフォーム
>>フローリング壁紙リフォーム