工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-22:00 年中無休(不定休)※営業時間外は無料査定フォームにて365日24時間対応

タイル工事

鹿児島県内のタイル工事について

タイル工事

家の外壁や、炊事場、お風呂など、私たちの住まいの至る所でタイルが活躍しています。
タイルは見た目が美しいだけでなく、耐火や耐水、耐久性にも優れた、人気の高い素材です。
またタイルは種類が豊富なため、一人ひとりのお好みに合わせた施術が可能になります。
弊社のタイル工事は、経験豊富な職人が担当しております。
そのため、仕上がりが美しく満足度の高いと、ご好評をいただいております。
タイル工事の費用は施術範囲や、使用するタイルによって異なります。
しかし事前の打ち合わせにより、価格や仕上がりイメージなどを詳しくお伝えいたします。
もちろん事前連絡なしに、追加費用を請求するようなことも致しません。
また弊社のタイル工事の見積もりは、完全無料となりますので、鹿児島の皆様!お気軽にお申し込みください。

タイル工事お礼
タイル工事 お礼

タイル工事のご依頼方法

● タイル工事のご依頼は、お電話、FAX、メール、お問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

● ご依頼、お問合せの際、以下の点お教えください。
  ・施工の場所(外壁、内壁、玄関の床、アプローチ、台所、お風呂、etc)
  ・おおよその施工面積
  ・施工希望日
  ・お施主様名
  ・希望お打ち合わせ日

● 希望日に当社担当者が、タイルのカタログ・見本を持ってお打ち合わせにお伺いしたします。施工箇所を確認させていただきますのでご了承ください。当社よりご予算に合わせてタイルのご提案をいたします。

● お見積りを作成して、ご承諾いただいたら施工の準備をします。

● タイル、職人、施工材料を手配し、施工となります。

タイル工事料金目安

*下記料金の他、出張交通費が別途加算されます。

工事 内容 金額
風呂タイル 壁 100角(無地陶器質)

1,200円/枚

壁150角(無地陶器質) 1,300円/枚
壁200角(無地陶器質) 1,600円/枚
床 50角(無地陶器質) 1,600円/シート
床100角(無地陶器質) 1,300円/シート
床150角(無地陶器質) 1,600円/シート
床200角(無地陶器質) 1,800円/シート
キッチン 壁50角(無地陶器質) 2,100円/枚
壁100角(無地陶器質) 1,200円/枚
壁150角(無地陶器質) 1,350円/枚
壁200角(無地陶器質) 1,600円/枚
土間 床 50角(磁器質) 1,200円/枚
床 100角(磁器質) 1,350円/枚
床150角(磁器質) 1,500円/枚
床 200角(磁器質) 1,800円/枚
外壁二丁掛タイル レンガタイル 1,350円/枚
アルピノストーン 自然石 1,800円/枚
乱形ジュラストーン 自然石 1,600円/枚

タイル工事 対応地域

鹿児島市内を中心に、タイル工事を重点的に請け負っております。

請負例

霧島市

郊外レストラン外装に煉瓦タイルを施工し、他店より目を引く建物としました。

南九州市

お風呂が古く水漏れしているようなのでユニットバスに変更をするつもりだったのですが、やはり現場施工のタイル張りのお風呂が捨てがたいとのことで、予定を変更して新しくタイル張りのお風呂を施工しました。

南さつま市

玄関ポーチのタイルが割れたり、剥がれたりしていて見栄えが悪いので、200角の厚手タイルに張り替え来客に恥ずかしくないようにしました。

指宿市

老舗旅館のフロント受付のバックの壁に煉瓦タイルを施工し、所どころにニッチを作り小物を飾れるように壁を張り替えました。

枕崎市

海に近く外壁を塩害から守るために外壁全体をタイルで覆いました。

鹿児島市

新築マンションの外壁に合わせエクステリアを建物と一体感が出るようにタイル張りの門扉、塀を施工しました。

日置市

台所レンジ前のタイルが油で汚れ、目地部分の汚れがどうしても落ちないので、レンジから流し前面の壁のタイルを張り替え、所々にデザインタイルを入れ台所仕事も楽しく出来るよう工夫しました。

姶良市

自宅玄関の壁のタイルが剥がれ落ち、同じタイルがメーカーにないので思い切ってボーダータイルに張り替えました。

その他

上記対応地域以外でのタイル工事のご要望がございましたら、ご相談受け付けております!

タイル工事とは?

タイルの形は、隙間無く敷き詰めるため正方形や長方形など四角形が多いのですが、不規則な形のものもあります。(小石の形など)色彩も様々で、一枚一枚に模様があるものや、色の違うものを多数並べることで大きな絵とする場合もあります。

材質は、陶磁器、コンクリート、プラスチックなど各種あります。 陶磁器のものは、建物の外装や、浴室、洗面所などの内装に、コンクリートのものは、歩道の舗装用などに、 プラスチックのものはPタイルと呼ばれ、オフィスなどの床にそれぞれ用いられます。建築では一般にタイルといえば、陶磁器製のものを指すます。材質は、吸水率の違いにより、陶器質・せっ器質・磁器質タイルに分けられる。タイルメーカーでは、タイルの用途に応じ、屋内の水廻りや壁、床用、屋外の壁、床用などに分けています。一般的に、躯体(貼り付け箇所)への防水性に優れ、水がかり部に使用されることが多い。外壁用タイルにおいては、タイル自体の経年劣化はほとんどなく、貼り付け施工時の不具合による剥離、落下事故が起こることがあったのですが、現在では、モルタルと混ぜられる接着剤の性能や、施工法の向上が行われ、事故は減少傾向にあります。仕上げには流行がありますが、外装タイル貼の建築物は、他の外壁仕上げに比べイニシャルコストがかかる反面、耐候性に優れ、メンテナンスも比較的容易で、意匠上美しいことから、公共建築物やマンションなどで広く選択されています。タイルとタイルの間には目地があります。目地(めじ、めち)には、剥離防止や防水を目的として、通常モルタルや白セメントが充填され、色はグレーまたは白になる。目地は性質上カビの発生源になりやすいため、こまめな清掃が不可欠になります。

以前は、「外国製の輸入タイルの場合、タイルの大きさに誤差があり、目地が大きめにとられることが多い。日本のタイルは精度が高く、目地を小さくとることができる。」とよく言われたが、タイルの風合いや製法によるところがあるため、輸入タイルという区分で寸法精度について一概に評価するのは危険であり、個々のタイルの性質を理解した上で、目地幅を決定することが望ましいです。

施工方法としては、改良圧着張り、接着剤張り、セメントペースト張りなどがあります。改良圧着張りの標準的な施工方法を紹介します。

1 下地の調整
・タイル張りに先立ち、下地の清掃を行います。
・下地乾燥の程度を調べ、必要に応じてタイル張りの前日または当日に水湿しにより下地表面処理を行います。下地の吸水性にムラがある場合には、吸水調整材を用いて下地表面処理を行います。

2 タイルの割付け
・施工図と照合し、基準墨から仕上げ墨出しを行い、各部位との取合いについての寸法の確認を行います。
・施工図におけるタイルの割付図と仕上げ墨出しの結果から、目地割りを決定します 。
・目地割りに従って目地割り定期を作成し、基準となるコーナー部にピアノ線または水糸を引き通します。

3 基準タイル張り
・コーナー部や開口部まわりの役物タイルは、その他の平部分タイル張りに先立ち基準を設けるために施工します。

4 タイル張り
・1回の塗付け面積を2�以内として、張付けモルタルを下地面積に4〜6mmにむらなく塗ります。張付けモルタルは、混練りから施工終了まで60分以内で使用します。
・塗り置き時間は、夏期で30分、冬期で40分以内とします。
・タイル裏面全体に張付けモルタルを2〜4mm程度の厚さで平らにならし、直ちに下地面に押し付け、さらにタイル張りに用いるハンマーなどでタイルの周辺からモルタルがはみ出すまで、入念にたたき押さえを行います。 あらかじめ設けた水糸に合わせて、よく平らに張付けます。
・午前および午後のタイル張付け開始時に張付けたタイルを張付け直後にはがし、下地と張付けモルタルの接着状況を確認します。
・タイル張りが終了した後、張付けモルタルの締まり具合を見計らって、目地部分の掃除を行います。

上記以外の地域でも、タイル工事の対応できることもございます。
お見積もり・ご相談は無料です!当社のタイル工事担当者まで、お電話にてお気軽にご相談下さい!