1. トップページ
  2. >
  3. 最新情報
  4. >
  5. 造成
  6. >
  7. 昔の造成住宅バブルについて

工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

昔の造成住宅バブルについて
2021年10月21日

昔の造成住宅バブルについて

昔の造成住宅バブルについて

1985年からの3年余り、日本では空前の土地バブルが起こりました。

この時は都市部だけではなく、リゾート開発の名のもとに各地方でも造成住宅工事が促進され、全国的に土地利用が活性化しました。

ちなみに、銀座の一等地・鳩居堂前が『1坪・1億円』を超えたニュースは衝撃的でした。

この原因は1985年のプラザ合意、日本円の価値が高騰し、内需拡大・公共投資ラッシュで建設投資額が名目で50兆円を超えました。

当時は土地成金が大量に生まれ、見向きもされなかった山間でも国道が走り、高級リゾートマンションが作られたのです。

今では廃墟同然の土地も多数あり、当時の乱開発の爪痕が痛々しく残されています。

なお、都市部は令和の今でもバブル継続中です。