工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

宅地造成 鹿児島
2013年7月18日

鹿児島工事ドットコムでは鹿児島県内で宅地造成業務を行っております!

年中無休で見積もりは行っておりますのでお気軽にお電話お待ちしております。

鹿児島で宅地造成のご依頼をお考えの方は、是非当店にご依頼をお願いします。

以下に鹿児島での宅地造成について詳しく記載させて頂きます。

鹿児島市には宅地造成等規制法が制定されています。

宅地造成に伴って発生し得るトラブルを予防する規制と解釈すると分かりやすいでしょう。 具体的には、住宅造成をすることで、がけ崩れや、土砂の流出が発生しやすくなることがあるため、住宅造成を行っても、がけ崩れや土砂の流出が発生しないように、最大限の防止対策というわけです。

宅地造成工事等に必要な規制を行うための根拠となっている法律ですから、この法律を把握することが、鹿児島での住宅開発には必要不可欠です。 鹿児島市は海に面している立地条件と、桜島という活火山を前にした立地条件がポイントになっています。 傾斜地も多いため、宅地にするためには切土と盛土が施工されることが多くなります。

切土と盛土は同時に施工されることもあります。切土と盛土が施工された箇所は、土地の強度にバラつきが発生しますので、盛土した敷地には地盤強化対策を施工することも重要になります。

敷地の高さを平坦な形状にするために切土と盛土が施工される場合もあります。 切土と盛土が施工された場合は、高さ50センチメートルがポイントです。 高さが50センチメートル以上の切土や盛土の工事が施工された場合には、形質の変更が行われたものとして取り扱われるのです。 形質の変更が行われたものとして取り扱われる、というのは、宅地造成等規制法によって許可が必要なのだということです。

形質の変更が行われれるのかどうかに注目すると、施工工事の許可の必要を見抜くポイントになります。