工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

ブロック工事 薩摩川内市
2013年5月18日

鹿児島県の北西に位置している薩摩川内市は、鹿児島県内で最大の面積を誇る市です。 川内平野に位置しているので、歴史的にも古くから栄えていた地域のひとつです。

ブロック工事 薩摩川内市

薩摩国分寺の所在地でもあることが、薩摩川内市の繁栄の歴史を物語っています。 住宅建築様式も、伝統的な日本家屋が多いので、定期メンテナンスを心がけることで長期間に及ぶ木造建築住宅の有効活用が活発な地域です。

古くからの木造建築の民家では、ブロック塀も多く見られます。 台風の風圧にも耐えられる強度が求められるブロック工事では、鉄筋が配置されているかどうかが強度のポイントになるのですが、実際に解体してみないと鉄筋の配置は分からないというケースも少なくありません。 鉄筋も劣化しますから、ある程度の期間を過ぎている場合には、メンテナンスもかねてリフォーム工事を施工してもらったほうが安心できます。 台風の被害が見られる地域では、ブロック工事はタイミングも重要です。

工事施工中に台風が来てしまうと、工事中に損壊してしまう可能性が高いからです。 ブロック工事は、施工の完成度の高さも大切なのですが、メンテナンスやリフォームの際には工事の時期とタイミングも重要になります。 ブロックや鉄筋が劣化してしまうと推測される時期よりも早めに工事を計画して、安全に工事を開始することが大切です。 新しい鉄筋を配置して強固なブロックで施工されていれば、台風の風圧から大切な住まいと家族を守ってくれるようになります。