工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

フェンス工事 日置市
2013年8月28日

本日は日置市(東市来町、伊集院町、日吉町、吹上町)でのフェンス工事の施工につきまして 説明を交えながらご説明致します。

フェンス工事 日置市

鹿児島県の日置市は、東側が鹿児島市に隣接していて、西側は東シナ海に面しています。

2005年5月1日に、伊集院町、東市来町、日吉町、吹上町が新設合併して市制施行し発足したのです。 東シナ海に面している地域は、日本三大砂丘の一つである吹上浜です。鹿児島市の火山灰対策と、東シナ海の塩害対策が、日置市の住宅建設には活用されています。台風の通過に伴って発生する強風は、住宅等の建物や建築構造物を倒壊させたり傾斜させたりするだけの風圧を持っていますので、風圧対策も重要になっています。

日置市で施工されるフェンス工事には、以上の対策要素が織り込まれているのが特徴的です。 火山灰対策、塩害対策、風圧対策です。 もちろん、その土地が最も被害を受けやすいトラブル要因を正確に把握して、適切な施工を心がけることが大切です。

火山灰対策地域でも、塩害対策地域でも、どちらにも共通して施工できるのが風圧対策です。フェンスの通風性がフェンスの倒壊を予防してくれますので、フェンス工事を行った場所の保護効果は高くなります。

フェンスそのものも倒壊してしまう可能性があるため、フェンスの網を通風性で施工させておき、風圧を上手に受け流せるようにしておくわけです。 フェンス工事を施工した場所は、建物が風圧耐久力を備えていれば万全です。 フェンスが、強風によって飛ばされてくる飛来物等から建物を保護してくれるのです。 もちろん農作物に対する保護効果もありますので、家庭用菜園やガーデニングにも応用できます。

それでは、日置市でのフェンス工事のご依頼を当店ではお待ちしております!