工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

地盤改良工事 鹿児島
2013年9月29日

本日の、鹿児島工事発注ドットコムでは、鹿児島での地盤改良工事の受注につきましてお知らせします。

鹿児島県において、地盤改良工事を行う場合、注意するポイントとして地質が地域的にシラスが多いということを念頭において、施工しなければなりません。 シラスは火山活動で発生した火砕流の堆積物で、細かい軽石やレキなどが混在する土質です。もちろん、軽石ばかりで構成されている地盤もあるでしょうから、雨水や地下水によって侵食を受けやすい土質と言えます。

地盤改良工事

そして、地盤改良とは、主に地盤改良材という、セメント系の固化材を使用し、重機を使用して土と混合し、土を固める作業のことを言います。 よって、地盤がもともと固い場合は地盤改良の必要はないわけです。

鹿児島においては、地質がほぼシラスで形成されていますので、地盤改良工事の効果は高いと言えます。 シラスでの地盤改良ですが、通常の粒子の細かい土とは違い、粒子が粗く、圧力を加えると潰れてしまうため、地盤改良材を普通の攪拌で混合作業すると、シラスの粒子と地盤改良材の粒子大きさの差が大きいため、地盤改良材がシラス粒子間にかなり入ってしまうため、混合がし易い割に地盤強度が出にくいという事が起こりえます。

対策としては、シラスの粒子の隙間が大きいので、隙間を潰すくらい、地盤改良時の転圧を多く行う、または、地盤改良材の混合割合を増やすことで、シラス粒子の隙間を埋めてしまう施工をする事が有効となるでしょう。

鹿児島県での地盤改良工事は以上のことを含めて計画する必要があると言えます。

本文を読まれるまでは、何処に依頼していいか?分からなかったかと思います。 上記の様な内容を踏まえて、当店では20数年公共事業を行って参りましたので 是非、鹿児島で地盤改良工事を行って欲しいお客様は年中無休・査定無料にて承りますので宜しくお願いします。