工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

店舗工事もお任せ下さい!

店舗のデザインについて

店舗のデザインについて

店舗を開店、開業するにあたり、その店構えが重要であることはいうまでもありません。

どんなに商品や、サービス内容が良くても、お客様が入りにくい場合は店構えが原因の場合があります。デザインには人それぞれの好みがありますが、大切なのは、ターゲットとしているお客様がお店にきてくれる店舗デザインになります。

大衆志向か高級志向か、和風か洋風か、モダンかクラシックか、天然自然派か否かなどのテーマを、ターゲットにマッチするか、一貫性を持っているかなどを意識して表現することが大切です。

ただ、ターゲットを考えずに必要だと思ったものをすべて取り入れてしまうと、統一感がなく入りにくい店になってしまいます。デザイナーに依頼する場合には、任せきりにするのではなく、オーナーとしての思い入れや、実用面や使いやすさへのこだわりなどを理解してもらうためにも、デザイナーとしっかり話し合いながら理想の店舗デザインをつくっていきましょう。

店舗の設計について

店舗の設計について

店舗デザインは客足を大きく左右します。店舗を改装したり新しくオープンしたりするときは、少しでもよい店にしようとあれこれ迷いがちです。

また、店舗の種類によっても人気のデザインは違います。店舗のデザインを具体的にして、どうすれば実現できるか考えることが店舗デザイン、店舗の設計です。

店舗は、商品を提供する場です。飲食店であれば飲食物、美容院であればカット、パーマといったサービスが提供物になります。

店舗デザインは、そんな提供物をより魅力的に、そして提供されやすいようにするものです。店舗デザインが店の提供物とマッチしているほど、顧客満足度も高くなるでしょう。また、内装と外装でも店舗デザインの目的は違います。内装は、提供物をより魅力的に見せたり、提供しやすくしたりするために行われます。

一方、外観はその店舗が何を提供してくれるのか分かりやすくしたり、顧客が店舗の中に入りやすくしたりするために行われるのです。

店舗の内装について

店舗を開業する場合、内装にかかる費用は初期費用の大きな部分を占めます。また内装のデザインによって、集客に差が出ることもありますし、スタッフの動線やメンテナンス性にも影響が出ます。どんなに良いモノやサービスを提供しても、それが生かされるような店舗づくりにしなければ集客は望めません。

内装業者を選ぶ際、自分が考えている業種の店舗内装の実績があるかどうかは重要なポイントです。

実績が豊富であるほど、店舗を開業する人の気持ちを知り、良いデザイン提案してもらえる可能性が高まります。

また、見積り内容をよく確認し、提案された見積もりが、バランスが良いかどうかを調べることも大切です。

内装業者が提案した内容に矛盾があれば、施工経験が少なく、良い内装をしてもらえない可能性もあります。良心的な内装業者は、お客様の立場に立って、良い提案をしてくれるものです。

またアフターフォローに関しても、気持ちよく対応してくれることでしょう。

店舗工事の流れについて

店舗工事の流れについて

店舗工事の流れについては、新築の場合とリフォームやリノベーションの場合に分類されます。

いずれの場合でも、ご連絡を頂いてからのスタートとなるのです。店舗は、店主となる方の顔ですから、理想の店舗となるように考えなくてはなりませんから、計画プランのスケッチなどを基に打合せを繰り返し基本計画案を作成します。

次に、使用する材料や設備をサンプルやカタログ等で決めて行くのですが、総工事費がどの程度必要かを示しながら検討する必要があるのです。

こうしている間に確認申請図面や書類作成ができますが、店舗の規模が小さければ不要となります。

また、店舗の場合は、消防署と保険所認可が必要ですから、図面の提出が必要です。

完成した設計図書を添付し見積書を提出します。

問題がなければ建築確認許可を受け工事契約書の締結となるのです。

これ以降は実際の工事となりますが、新築店舗の場合は、地盤の調査から始まることになり、これ以外の場合は、内装工事や上下水道工事に着手します。

店舗工事の費用について

店舗工事の費用については、規模や業種そして新築店舗か居抜きやスケルトンなど工事着手前の状況によってかなりの費用差があります。

最も費用がかからないのは、居抜きの状態をある程度利用する方法ですが、店舗づくりの自由度が損なわれますので、余りお勧めはできません。

また、全てを解体するのであれば、逆に工事費が高くなるのです。

店舗工事も外装工事、内装工事、電気工事、空調工事、給排水衛生工事、飲食店では厨房工事などがありますが、導入される各種設備機材を除けば内装工事が重要であると思います。

内装工事の前に顧客人数を想定し、テーブルや椅子など備品の配置を考え、それに似合った内装工事が大切です。壁や天井それに床などに高価な材料を使用したりデザイン性を求められれば、自ずと費用はかかります。

その他の工事についても、使用する材料によっては高くなっていきます。以上の事から、店舗工事費坪単価などで示すことが不可能です。

先ずは工事業者と打ち合わせをして、費用対効果のあるものを考える事だと思います。

店舗工事の見積書

以下は以前見積した店舗工事の見積書になりますので、参考にして下さいませ。
店舗工事 見積書

店舗用扉修理もお任せ! 

人の出入りの頻度が高くなってくるとベルトなどの部品が摩耗、突然ドアの開閉ができなくなってしまうといった大きな故障へと発展します。

怪我につながる前に早めの修理がおすすめです。扉の施工、修理は数年で不具合が生じてしまうので、しっかりとした建物構造の知識必要です。

弊社では、建築士の知識をもとに、修理経験の豊富なスタッフが、長年の実績による知識と技術で、迅速にていねいに対応させていただきます。

お店の扉を良好な状態を維持するために、実績の豊富弊社にお任せください

店舗工事のQ&A

Q.飲食店の工事で一番気になるのが内装です。壁の色・天井の色・テーブル等設備の色、バランスがとれているかが問題だと思うのですが、どのように打ち合わせをすればいいのでしょうか?
A.業種が何であれ室内外のデザインは大切です。

取合えず室内の平面図と壁面図を作成します。

これは後で消防署や保健所(飲食店の場合)に報告する際に必要になるからです。

飲食店と言っても様々な業種があると思いますが、何処かの店舗を見に回られて気に入った店舗はありましたでしょうか。

もしありましたらその雰囲気をご自身の営業される店舗に当てはめてみるのも一つの方法です。

しかし、参考にされた店舗とご自身が営業される店舗の広さが余りにも違いすぎると良く見えない事もあり得ます。

デザインからお手伝いする時は、サンプルとなる資料全てを提示し見て頂くのですが、壁面や天井のクロスに関しては、サンプルクロスの大きさが小さいため全体のイメージが把握できないこともありますので、側面図や伏図に色模様を付けサンプル画像を作るのです。

特に模様のあるクロスは、イメージが相当変わりますので要注意だと思います。

私共は、店舗を造られようとする方の身になって、施工するだけでなくデザインなどにも参加させて頂きますし、厨房機器や衛生関係備品それに伴う各種照明もカタログやサンプルを示し説明させて頂きます。

また、店舗の内装によっては、食器等の色合いも関連してくると思いますから、これらも含め総合的にプロデュースさせて頂くことも可能です。

お店を開こうと考えられ、店舗の場所が決まりましたら、直ちにご連絡をください。

先に食器などを購入されても店舗のイメージにそぐわないこともありますからジックリ吟味されることが大切です。

私共スタッフ一同で開店までの準備をするあらゆるお手伝いをさせて頂きますのでご安心下さいませ。

Q.鹿児島で「CAFE」を営業したいと思っていますが、場所の選定ができていません。立地条件の良い場所を探していただけますか。また、融資制度も活用したいと考えていますが、提出書類の作成なども手伝って頂けるでしょうか?
A.どのような店舗でも営業しようとする場所によって集客量や収益性が変わってきますので慎重に検討することが大切です。

当店では、ご相談を頂きましたら開店場所探しから近隣の市場調査を行い、最も有利な場所を何ヶ所か探します。

気に入られた場所が決まれば契約をして場所を確保します。

当店は直ちに図面作成を行い、希望されるないように合致したものを作成し日本政策金融公庫等に申請するための図面と見積書を完成させるのです。

他の書類(借入申込書・創業計画書・月別収支計画書・企業概要書・設備投資計画書・資金繰り表)についても作成要領を説明いたしますし、お手伝いも致します。

貸付に関する審査期間は約1ヶ月程度ですから、この間に実施設計図書を作成したり厨房機器や客席等の選定作業を行います。

日本政策金融公庫等に提出した計画図と実施設計図が異なることがありますが、この点は問題ありません。

それよりも保健所と消防署の検査合格が大切です。

融資を可能なものにするには、自己資金としてご用意いただくのは、全資金の50%がベストです。

当店がお手伝いできることは全て無料となっていますし、計画その他図面に関しても無料で作成いたしております。

これ以外にも内装等のイメージが今一つ掴めないと思われる場合は、本格的なイメージ図も作成いたします。

また、店舗内の壁や天井・床に対して照明器具の照度も設定してイメージされている印象に近づけていきたいと考えております。

その他、テーブルや椅子それに食器や飾り棚等もよろしければプロデュースさせて頂きます。

Q.木造モルタル1戸建て店舗でとんかつ専門店をしていますが、内外装ともに傷みが激しくなり、リニューアルしたいと考えています。費用はどれくらい掛かるでしょうか?広さは1階店舗と2階住居ともに18坪程度で間口が3間程で、全体は長方形です。
A.厨房設備や客席等を新しくする場合と、しない場合とでは必要費用がかなり違てきます。

設備等の変更なしで内装をした場合は、塗装費用やクロス張替え費用が大半を締めますので、その他の費用は余りかからないと思います。

外装は、1面のみ足場が必要となりますが、両サイドに店舗等が近接していなければ両サイドにも足場が必要となります。

詳しいことは現地をお尋ねしてお聞きしない事には総費用の考えようもありません。

また、使用する材料によって価格の差がありますので、どの程度の工事をするのか、ご予算などをお聞きした方が早いと思います。

外装内装塗装の場合は、100万円程度見ておけば大丈夫だと思いますし、内装がクロス張りになったとしても90万円程度だと思います。

後は、使用する材料によって価格は変わりますが、塗料の場合は、約3倍の変化となるのです。

少し細かく申しますと、外装費の場合は塗料代・足場代・人件費・諸経費の占める割合で塗料代は、約25%程度ですから、外装塗装費を70万円とした場合は、70万円×0.25=17.5万円が一般的で、これが3倍になると52.5万円となり全体の費用を押し上げるのは、35万円となります。

ですから、全体の費用が概算100万円とすると概算135万円になる言うことになるのです。

当店では、詳しい見積書を作成してお客様のニーズに合ったデザインや金額を提示し、材料等の変更がありましても直ちに修正見積書を作成します。

尚、お見積もりやデザインは全て無料です。

店舗工事の実績

■ N様居抜き店舗の全面改装工事

改装前の店舗は、ブティックの様でしたが今回の改装依頼は創作料理店ですので、天井・壁・床すべてを解体し改装することになりました。

店舗の顔ともいえる入口も数種類の参考図を作成し、その中で気に入られた入口にされました。

その為、内装も雰囲気を合わせるための材料で行い、全ての調和がとれるように配慮したのです。

火器を使用する厨房の上には少し大きめのフードと排気ダクトを取付け低騒音排気ファンも取り付けました。

厨房内は耐火クロスの上にステンレスで施工し、厨房と客席側カウンターとの境には防炎対策として天井から防煙垂れ壁を設置しました。

客席のカウンターとテーブルには厚みのある杉の無垢材を使用し、重厚感も持たせました。

■ R様更科そば店を新設(ビルの地下1階)

地下1階の一番奥でしたがスケルトン状態でしたので撤去すべきものは殆どありませんでした。

隣の店舗はすでに営業をされていましたから工事着工の挨拶と現場が見えないよう囲うことに御承諾を頂きました。

店舗は奥行きがかなりありましたので、入口を造る場所を1m内側にして一番外側には、磨き丸太を等間隔に配置し入口中央部を2m空けて建付けました。

これで店の雰囲気は一段とアップしましたので、店内も古材をあらゆる箇所や飾りとして取り入れました。

店主が作業するそばつくりの場所は、前面の磨き丸太とガラス越しに見えるようにしたのです。

店内の設備も消防署や保健所の許可がとれるように施工し、店内客室側の床面は洗い出し仕上げとしました。

独立開業が増えますので、益々店舗工事は増えます!

近年若者と高齢者の独立開業が増えてきています。若者が企業する理由としては、一旦会社員として働いていても社内の人間関係についていけない人が増えてきているのと、田舎で生活するにしてもネット環境が整っていれば在宅で仕事をすることが可能となってきたからです。

この生き方を選択した若者は、自由時間を束縛されることもなく生活できるということになります。

また、高齢者の場合は、45歳位になると昇進という壁にぶち当たり、これに外れると会社で働く意欲を喪失し自由な社会を目指したくなるのです。

暫くは辛抱して働いていても子供が社会人となる時点で転職や独立開業の道を模索し始め、結果として自立開業の道を選ばれる方がたくさん出てきます。

これらの理由で、独立して開業する方や農業や漁業を選択する方が増えてきているのです。

セルフレジ工事もお任せ!

スーパーやコンビニなどでセルフレジの導入が相次いでいます。

レジスタッフがバーコードを読みとり、お客さんが精算機で支払いをするセミセルフレジと、バーコード読み取りから会計までを全てお客さんが行うフルセルフレジ。

少子高齢化による人手不足の解消手段として、にわかに注目を集めています。

マイボイスコム株式会社が2018年12月に行ったアンケートでは、セルフレジ経験者が7割近くになっているとのこと。

政府のカード決済ポイント還元制度もあって、今後ますますセルフレジ化が進むと期待されています。

弊社では、このセルフレジの設置工事を全面的にご提供しております。

機種のご紹介から購入、設置工事にマニュアル指導とアフターケアまでオールインワンでお任せください。

専門の技師が責任をもってご担当させていただきます。

弊社では、無料見積りでご対応いたしております。

無人店舗工事もお任せ!

フルセルフレジの普及にともなって、コンビニやスーパー、キオスクや小規模の商店で無人店舗の設置が進んでいます。

店舗の出入り口に特別なシステムを導入し、商品をお持ちの方はフルセルフレジでお会計を済まると店舗から出ることができる仕組みです。

少子高齢化によってスタッフ確保が難しい現在、店舗経営者の労働量を軽減し、経営の安定化と利益率のアップに大きく貢献します。

ただし、無人店舗の設置にはAI技術やセキュリティシステム、無人化のための店舗改装など、特別な技術とノウハウが必要です。

そこで、この無人店舗工事の分野で高い実績を持つ弊社にお任せください

プラン提案から導入機器の紹介、施工工事にマニュアル指導やメンテナンス管理まで、オールインワンでご対応させていただきます。

ご興味のある方は弊社までお問い合わせください。

すぐに無料見積りでご対応いたします。