工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

墓じまい(墓石の撤去工事)もお任せ

墓じまい(墓石の撤去工事)について

墓じまい(墓石の撤去工事)について

墓じまい(墓石の撤去工事)については、お墓を移転させる場合やお墓の守をするものがいなくなったなど各家庭に於いて様々な理由が考えられます。

墓じまいは、永代使用権のある墓地をお寺や霊園に返すことですが、更地にして返すことが常識です。

お墓は、子から孫と継承していくものですが、女児ばかりのご家庭の場合は、お墓の継承者がいなくなることもあり得ますので、ご家族や親族の方とで墓じまいの話合いをして、将来子供達に迷惑がかからないようにすることも大切なことだと思います。

一家で最後の継承者となったものは、墓じまいを行わなければならなくなるのです。

お墓から先祖の遺骨を取り出さなければならないのですが、遺骨の扱いをどうするかについては、墓じまいをする寺院に相談されることが一番良い解決策だと考えます。

我が国には墓地埋葬法があり、他の場所に遺骨を移される場合は、「受入証明書」や「永代使用許可書(移設の場合)」が必要となり、市町村の「改葬許可書」が必要となるからです。

墓じまいを行う寺院で引き受けてもらい、納骨堂で一定時期供養をした後、散骨と言う方法もありますが、合同埋葬や永代供養墓に移動することをお願いします。

このような手続きを全て整えておかなければ、墓じまいはできないのです。

墓じまいの時には、僧侶による供養と墓石の撤去を業者に依頼しておかなければなりません。

墓石があるだけで誰もお参りをしない墓は、無縁墓となってしましますから、墓じまいの時期は、事前に考えておく必要があるのです。

墓じまいの流れ

墓じまいの流れは、墓地、埋葬等に関する法律を遵守しなければなりません。

先ず最初に行うことは、予め墓地の管理者(寺院や霊園)に連絡し、墓じまいの通知をして、了承を得ることが必要です。

了承を得た後、墓じまいの日時を管理者と協議し取り決めておきます。市区町村で「改葬許可書」を貰い、墓じまいの当日に親族の参列がある場合は喪服を、僧侶不在で行う場合は平服でもかまいません。

僧侶に供養をお願いする時は、やはり参列者全てが喪服を着るべきです。

次に、魂抜き(抜魂式)が行われ、遺骨を取出します。

取出しが終えれば、僧侶による閉眼供養がなされると、儀式は終了です。

墓地にある墓石の解体作業を行い跡地の整備(新土置換え)の後、墓石の処分を行いますが、処分は石屋に任せるようにします。

費用については、規定がありませんので、事前に調べておくことです。

墓じまいのご依頼方法

鹿児島県内での墓じまいのご依頼方法は、鹿児島工事発注ドットコムにお任せ下さい。

ご自宅にお伺いして、埋葬されている墓地など詳しい情報をお聞かせいただき、墓じまいの手順や墓じまいに関する手続きについて詳しく説明させて頂きます。

墓じまいは、法的な手続きはさほど難しくはありませんが、ご寺院様毎に考え方が異なることもあるのです。

ご依頼やご相談は、鹿児島工事発注ドットコムに電話もしくはファックスをいただくか、右上の「工事発注申込・お問い合わせ」からのメールによる受付もいたしております。
墓じまいのご依頼の実績
大阪からですが、祖母のお墓を改葬予定で、お祓いを8/16日にしてお骨を大阪に送り魂抜きした後の墓石を更地にしたいのです。
墓石撤去費用の見積もりをお願いできますか?
住所は鹿児島市になります。
階段上がって二つだけある右側の◯◯のお墓です。
稲刈り後の田んぼまでは重機が入りますが、上にあるので、、
大阪から向かい、16日昼に魂抜きをしますのでそこにいます。

墓じまいを安く済ませる方法

墓じまいを安く済ませる方法は、墓じまいの手続きを行政書士に依頼すれば手続きをしてもらえますが、ご自身で行えば手続き費用の節減になります。

また、墓じまいの場所が寺院墓地の場合は、墓じまいをする方が無宗教であってもご寺院の意向をお聞きし、それに委ねなくてはなりませんが、事情を説明しご理解が戴ければ墓じまいの法要などは簡略することはできるのです。

しかし、墓石を撤去する業者の方が、魂抜きを行っていない場合はできないということもありますので、両者の意見が合致しなければ費用を安く済ませることはできません。

墓じまいに掛かる時間や日数について

墓じまいに掛かる時間や日数については、墓の規模や立地条件によって異なりますが、2日程度で墓じまいはできます。墓石のみで立地条件が良ければ、1日で作業は終わるのです。

墓じまいは、墓地に近くで営業を行っている石材店にお願いするのが良いと思います。

墓じまいの料金について

墓じまいの料金について

墓じまいの料金については、全ての儀式を執り行うとかなりの費用がかかります

墓じまいの法要やミサなどの費用、墓石撤去費、更地にする整地費、散骨や永代供養、永代納骨、樹木葬などの費用、改葬許可申請などで料金については一概には申せません。

鹿児島での墓じまいで選ばれる理由

お墓の立地条件は様々ありますが、墓地は狭隘な施工箇所となる事が多く、通常の解体工事業者では断られるケースがあります

しかし、当社では様々な重機を所有しているため、比較的安価に施工する事が可能となっています。

墓じまいの実績

Kさんの墓地解体工事を施工いたしました。

お寺から借地していた墓地を更地にする必要がありましたが、お客様の要望にこたえ、墓石だけでなくお骨までも丁寧に施工しました。

Zさんの墓地撤去工事を施工いたしました。

墓地が狭い施工条件で、重機等の搬入も困難でしたが、小型施工機を導入して迅速に施工を完了しました。

Mさんの墓地改修工事を施工いたしました。

墓地の移動に伴い、現況の墓石とお骨等の移設工事を施工いたしました。

墓地の造成について

墓地の造成については、事前に墓地の経営許可の申請が必要となります。また、墓地の設置基準等を満たす必要もあるのです。

墓地全体の造成工事は、一般的な宅地造成と何ら変わることはありませんが、居住区域ではありませんので、造成の規模が大きければ車の往来が可能な道路や駐車場設ける必要があります。

各墳墓に接続する通路は、幅員が1m以上とし、地表水が停留しないように砂利敷きなどを施し、排水設備と給水設備そしてゴミ処理設備は設置することが基準となっているのです。

墓の雑草対策について

墓の雑草対策について

墓の雑草対策については、近くに住まわれている場合は、周辺の墳墓に迷惑がかからないよう手で抜き取ることができますが、そうでない時は砂利を敷いたり防草シートを貼ることをお勧めします。

除草剤や塩散布は、墓石やコンクリートが劣化しますのでお勧めはできません。

墓の移転工事について

墓の移転工事については、「改葬許可」が必要になります。また、移転先に以前の墓石を持ち込める場合持ち込めない場合があるのです。

墓石の持込みに対して確認を取ってください。そして、「受け入れ証明書(墓所使用許可書)」の発行が必要となります。

墓の耐震工事について

墓の耐震工事については、芝台、中台、上台、竿石が一体のものとなるように金属で接合する工事となります。

しかし、強度や腐食に対し耐久性が必要となりますから、ステンレスの鋼棒、アングル、アンカーなどで1連の物体となるよう固定するのです。

墓じまいの永代供養について

墓じまいの永代供養については、親族の誰もが墓を管理することができない無縁墓となる前に「墓じまい」を行い、永代供養墓などに納骨や合祀をすることです。

これを行う時も改葬許可が必要で、僧侶の手によって末代まで供養をして頂きます。