工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

亜臨界装置の工事もお任せ!

亜臨界装置について

亜臨界装置について

物質の温度と圧力をどんどん上げていくと個体液体気体の区別がつかなくなる状態になります。水の場合は、圧力22.1MPa、温度374℃です。

この点を臨界点と言い、臨界点を超えた水の中に有機物を入れたら、完全に分解され二酸化炭素と水になってしまいます。これが超臨界の状態です。亜臨界状態とは圧力と温度が臨界点より手前の状態をいいます。

亜臨界装置は、高温高圧の飽和蒸気で亜臨界条件を作り、更にその条件下において撹拌する事により、分子の動きを更に活発にし、廃棄物の分子の鎖を水分子により切断し、分子レベルで分解反応させるというものです。

この技術の利点は、水は地球上に広く存在し、安価で取り扱いやすい化学的に安定環境への悪影響がないことです。有機物を亜臨界で加水分解する事により、二酸化炭素の発生を抑制でき、燃焼させない為、新たなダイオキシンの発生も防げます。

また、家庭から排出されるゴミを始め、様々な廃棄物に対応可能で、分別作業が不要であり操作が簡単、安全です。

さらに、焼却施設に比べて建設費が安価で、システムが複雑化していないため、同じ処理規模の焼却施設と比較すると、燃料費、電力料金、人件費とランニングコストの抑制が可能となります。

亜臨界水反応について

亜臨界水反応について

水の温度、圧力を374℃、220気圧以上まで上げると、液体状態の水でも、気体状態の水蒸気でもない状態となります。

この点を水の臨界点といい、臨界点より上の領域を超臨界水と呼びます。この水による反応を超臨界水反応と呼びます。臨界点よりも低い近傍の領域を亜臨界水と呼びます。

水は常温常圧でも水分子の衝突により電離していますが、温度が上昇するにつれ、水分子の衝突頻度が上がり、電離が進みます。超臨界の状態では通常の水より水酸化イオンの濃度が非常に高くなります。

亜臨界水は、生ごみや廃木材、紙くず、動物の糞尿、下水汚泥、廃油など、天然有機物なら何でも分解しますので、さまざまな分野で活用されています。

亜臨界水反応により、有機物の分子、でんぷんやたんぱく質は、アミノ酸に分解され低分子化される事により、固形分が液状化されます。また、環境汚染物質分解し、無害化出来ます。

亜臨界水が有機物の溶解作用と強い加水分解作用を有する理由として、通常の水の誘電率の値は80程度であるのに対して、亜臨界水となると誘電率の値は20~30程度となり、油を溶かすことに使われるメタノールに近くなるため、油を溶かす性質を持つようになることが上げられます。

有機性廃棄物資源化について

産業廃棄物の中でも、食品等の製造工程から生じる、野菜かす、醸造かす、発酵かす、魚および獣のあら等の固形状の不要物を総称して有機性廃棄物と言い、有機性廃棄物は成分が動植物に由来することから、養分とエネルギーを有しており、資源となる潜在力を秘めています。

循環型社会の形成に向けて、廃棄物管理に係わる各種の法制度が整えられつつある現在、有機性廃棄物の資源化が大きな課題となっています。

しかしながら、その処理方法としては、有機性廃棄物の分別収集や、再生品の利用のための社会システムは形成されておらず、焼却処理を適用したシステムが広く成立しています。

そのため、焼却処理による大量のCO2と廃ガスの排出による大気汚染などの問題が潜んでおり、十分に成熟した有機性廃棄物の資源化技術が整っていないこともあり、対応を難しいものにしています。

今後は、解決の糸口となるべき産廃処理技術の開発ならびに、企業間での取り組みが求められています。

産業廃棄物の発生、排出量は少しずつ減少傾向にありますが、産業廃棄物を私たちの大切な資源として再利用していき、循環型社会の形成への取り組みを継続していくことが、今後の私たち重要な責務となります。

亜臨界装置の工事について

亜臨界装置の工事について

亜臨界装置とは対象物を高温高圧で処理を行う装置です。水蒸気と熱水を利用して処理することにより、急速に加水分解が進み、有機物は数分で液状化されます。

食物の中の油分が溶け出し、細胞の中の水分も分離されます。亜臨界状態とは圧力と温度が臨界点より手前の状態をいい、この状態で圧力と温度をコントロールすると目的にあった状態を作り出すことができ、様々な利用技術が研究されています。

溶解、分解作用をいかし、ナノサイズの医薬品微粒子の生成や、ダイオキシンのような通常方法では壊れにくい物質の分解無害化、気体でありながら液体に近い密度を持ち、表面張力ゼロの特性をいかし、半導体の洗浄、ある物質から特定成分の分離、抽出、人体や環境に悪影響のある有機溶媒の代替として活用されています。

これらの装置は高い質と精度が要求されます。

環境問題が深刻化する今、弊社は、環境とリサイクル、建築工事のプロとして、廃棄物を限りなくゼロにし、豊かな地球環境を守るために、蓄積したノウハウと高い技術力を駆使して、エコロジーやリサイクル分野にも取り組んでいます。

産業廃棄物の処理でお困りなら、弊社におまかせ下さい。お気軽にご相談、お問い合わせください。