1. トップページ
  2. >
  3. 太陽光パネルについて詳しく

工事発注・お問い合わせ

電話受付 8:00-21:00 年中無休
※営業時間外は問い合わせフォームにて365日24時間対応

太陽光パネルについて詳しく

ソーラーパネル清掃はお任せ下さい!

ソーラーパネル清掃については、清掃方法を間違えると保証の対象にならない場合がありますので、ソーラーパネルよく理解している業者に依頼することが望ましいと思います。

一般的に最も普及している結晶系ソーラーパネルの表面は、カバーガラス(白板強化ガラス)で、これに発電素子であるセルを付けたものに樹脂製の薄いバックシートが張られているのです。

これは、大変頑丈なスーパーストレートと呼ばれる構造で、割れるようなことはありません。

ソーラーパネルが、10度以上傾斜している場合は、通常の粉塵によって流され綺麗になりますが、油分を含むものが粉塵に混じり付着してしまうことがあります。

このような場合は、綺麗な布でガラス用の中性もしくは弱アルカリ性の洗剤を用い水洗いをすることです。

4辺にあるアルミ枠も同様に処理してください。

冒頭でも申しましたが、屋根からの転落事故となっても全て自己責任となりますから、専門の業者もしくはソーラーメーカーに業者を紹介して貰ってください。

海の側の太陽光は潮錆に注意!

海の側の太陽光の潮錆に注意することについては、ソーラーパネル以外の物について考える必要があります。

ソーラーパネルを4面の枠で囲んでいるのは、アルミ製が殆どで、これを取り付ける架台も金属です。

そのため、架台やフレームに腐食が進むと台風の時等に風にあおられ飛んで行き易くなります。

特にソーラーパネルを囲むフレームが塩害に合うと、腐食した箇所に穴が空き、ソーラーパネル内に水が入ってしまい故障の原因になるのです。

外部に設置したパワーコンディショナや配線の端子部分なども同様に腐食してしまいます。

潮風を停めることはできませんから、このような地域に太陽光発電を設置することは困難です。

現在では、塩害や錆に強いものになってきてはいますが、完全とは言えません

地形によっては、沿岸部でなくても潮風が吹いてきます。

このような地域で太陽光発電の設置を考えておられる方は、近隣に塩害が及んでいる家屋の有無を調査確認することが必要となります。

日照時間の長い南国鹿児島ならではのたくさんのソーラーパネル

日照時間の長い南国鹿児島ならではのたくさんのソーラーパネル

最近ではソーラーパネルを、一般家庭の屋根に設置することが増えてきました。

また、効率良く大きな電力を生み出すために、休閑地など広い土地にたくさんのソーラーパネルを設置して大きな電力を生み出す、メガソーラーと呼ばれる太陽光発電施設も増えています。

ソーラーパネルは、太陽光を受けて発電するため、基本的には、日射量の多い土地多く建てられています

また、メガソーラー発電所は土地をたくさん必要とするため、広い土地があいているところにあります。

太陽光発電の発電量は太陽の光の量で変わってきます。

太陽の光は空気を暖めますので、太陽の光が多い方が、温度が高くなります。

日本でも南の地域の方が有利と言えます。日照時間の長さはそのまま太陽光発電量に直結しますので、この時間はとにかく長いほうが良いということになります。

鹿児島県は、冬でも温暖で、夏の日照時間も長いでしょう。

日照時間が長い鹿児島は、太陽光発電の利用が効率的かつ有効的です。

弊社は鹿児島を代表す太陽光パネル清掃業者です!

太陽光発電市場は国の後押しもあって急拡大しており、今後は既存の太陽光発電が主流になると言われています。

そのため、既存の太陽光パネルメンテナンスが大きな課題となっていきます。

太陽光パネルは、長年の雨や積雪、鳥の糞、粉塵など様々な環境下に置かれています。

そのまま放置しておくと発電効率が大幅に悪くなり、十分な効果が出なくなります。

汚れにより発電効率が落ちた時には年間の損失額は非常に大きくなります。

弊社では、定期的なメンテナンス、清掃をすることによりモジュールの性能の維持、モジュールやパワコンの故障の発見、雑草などの外的要因の発見に努め、性能を極限まで高めます

太陽光パネルが設置されている環境や状況に合わせて、パネルを傷めることなく最大限に発電効率を高める清掃をします。

それにより十分な発電量を維持し費用対効果を高めることができるようにご提案させていただきます。

ぜひともお気軽にお問い合わせください。

太陽光の定期巡回・メンテナンスサービスも行います。

太陽光の定期巡回・メンテナンスサービスも行います

太陽光の定期巡回・メンテナンスサービスについては、太陽光製造メーカーが行うものではありません

一般のご家庭では、太陽光発電装置の設置をした業者に聞いた方がいいと思います。

産業用の太陽光の場合も同じです。太陽光発電装置は、メーカー保証の期間が10年ですが、台風や突風の被害なら目に見えますが、故障に気づかないこともあります。

このような時は、売電収入が減りますので、保証期間が過ぎない内に前年度対比で月々の明細表を確認するか、室内に供えられた電力メーターで確認してください。

メンテナンスサービス会社では、契約していると定期巡回や通常点検それに緊急の際の対応やパネル洗浄などがされるのです。特にパワーコンディショナーの耐用年数は、10年から15年程度ですから、10年以内ならメーカー保証となり無償で交換が可能で、これを過ぎると、修理もしくは交換と言うことになります。

太陽光発電装置は、殆ど故障もなく稼働しますので、メンテナンスサービスを契約しなくても何年かに1度、ソーラーパネルの清掃を依頼された方がお得です。